TOPに戻る

「プロセスの見える化」を実現

千寿製薬株式会社様 製薬特化SFAシステム


テレビCMでもお馴染みの老舗製薬メーカー。
テレビCMでもお馴染みの老舗製薬メーカー。

創業70周年を迎える製薬メーカー

千寿製薬株式会社様は、創業70周年を迎える製薬メーカー。
テレビCMでもお馴染みの目薬など、一般用の医薬品、医療用医薬品、動物用医薬品、化粧品原料等の製造販売を手がける企業。社員数約900名(2017年現在)

千寿製薬株式会社医療マーケティング本部 事業推進部 事業推進グループ下梶 勝昭氏
千寿製薬株式会社
医療マーケティング本部 事業推進部 事業推進グループ
下梶 勝昭氏

挑戦と課題、システム導入検討の経緯

導入していたSFAの老朽化、MRの業務要件の変化に伴いSFAの再構築を検討していました。
新SFAの導入検討に伴い、既存システムではできなかった「プロセスの見える化」を実現し、また同時にMRの入力業務の負荷軽減、MR活動の効率化および情報共有機能などを強化したいと考えていました。

打合せでは互いにアイデアを出し合う。(右)鈴木商店 営業担当 信国、金
打合せでは互いにアイデアを出し合う。
(右)鈴木商店 営業担当 信国、金

システム開発の取り組み

提案の段階で、千寿製薬の考え方を理解し、稼働するプロトタイプを見せてくれたのは鈴木商店だけでした。
新システム稼働までの時間が少なく、千寿製薬が思っていたことを理解した上でスピード感をもってシステムを実現できる会社は鈴木商店しかないと思いました。

そこで工程表を一緒に作成していただき、千寿製薬の工程をそこに組み込むことで、期日までのシステム稼働を達成することができました。
あの時は嬉しかったですね。
結果的にその後も工程表を作るときは一緒にやっています。

最初は戸惑われたと思いますが、これができるのも鈴木商店ならではだと思います。

システム導入で、短期の予定やプロセスの可視化を実現。
システム導入で、短期の予定やプロセスの可視化を実現。

システム導入の効果

「プロセスの見える化」が実現し、システムを利用することでMRの気付きや意識付けが浸透してきた結果、MRの入力業務が習慣化してきました。
それにより短期の予定やプロセスが見えるようになりました。

また、運用の中で見えてきた問題点の解決方法を相談しながらシステムを進化させています。またそれを実現するためのアイデアを提案してくれる。
これも鈴木商店だからできることだと思っています。

今後の課題は長期プランの策定など、見える化のクオリティーを上げていくことだと考えています。

今後も、運用の中で発生した問題点を解決しながらシステムを進化させていく。「Good Company」を目指して挑戦はまだまだ続く。
今後も、運用の中で発生した問題点を解決しながらシステムを進化させていく。
「Good Company」を目指して挑戦はまだまだ続く。

千寿製薬の経営理念は「Good Company」

我々だけがGoodであってもGood Companyではなくて、我々以外の人もgoodにならないといけないっていう理念の元に基づいてやっています。ですので、鈴木商店も共に成長できるような思いで、今後も開発を進めたいと思います。


お客様企業情報

千寿製薬株式会社 様
http://www.senju.co.jp/

【事業内容】

・製薬事業:眼科・耳鼻科用医薬品及びコンタクトレンズ用剤及び動物用医薬品の製造、販売

・その他事業:化粧品原料の製造、販売

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
06-6362-1680
営業時間 10:00~19:00(土日祝祭日及び弊社休業日を除く)

お問い合わせフォーム