株式会社鈴木商店 新卒採用2016

プロモーション
ムービーを再生

Click

高度難しい仕事だから、
やってみる価値がある。

Click

僕たちは、複雑で難しいクライアントの課題を
クラウドという新しい技術で解決していく、
小さなITベンチャーです。

関西で、AWS、Salesforce、GoogleAppsの
認定パートナーであるのは僕たちくらい。

といっても、その価値や凄さは、
入社するまでわからないかもしれませんが。

誰も知らない新しいやり方に、
未来はあると思うから。

Click

成功事例や既成概念って、
誰かのやり方を
トレースしているだけ。

だから、あえて違うやり方を探し、
それを見つけ出し、
僕たちだけの新しくて効率的な
働き方を模索しています。

きっと僕たちの競合になる大手は、
失敗しない今までのやり方を 
効率的だとチョイスしているかも
しれません。

でも、僕たちは負けたくないので、
誰もやらないことを選び、
それで勝負してみたい。

ぬるい2000名の中の
コマよりも、
尖った20名
主役でいたい。

Click

あなたの代わりがたくさんいる大きな組織が魅力的ですか?

自分にしかできないことができる小さな組織だからこそ、
思いっきり成長できると僕たちは思っています。

コマではなく主役でいたいから、僕たちはここで尖っています。

みんなが描く
自由な発想をひとつにすれば、
新しくて無敵。

Click

僕たちは、様々な能力を持った
仲間が集まることで
プロジェクトを進めています。

全員のアイデアを集め、
力を合わせていけば、
僕たちの価値はもっともっと
高まってゆくはず。

それがやりたいから、
あえて動きやすい
小規模ベンチャーで
いつづけています。

洗練された小さな組織だから、
自信が持てる。

Click

僕たちの最大のモチベーションは、あえて強いものに挑むこと。
なので、競合する企業は大手ばかりです。

だから、横並びで同じようなシステムをつくっていても、
何の価値もありません。

僕たちが手がけるシステムは、誰もまだやったことがない
新しい考え方ばかり。

それがリスクだという人もいるでしょうが、
だからこそ未来はつくれると僕たちは信じています。

社長メッセージ

Click

僕は単純にものづくりが大好きです。
だから、経営者になった今でもプログラムは打ち続けていきます。

僕たち鈴木商店の価値は、全員がものづくりの感覚と情熱をいつまでも持ち続けること。
常に成長しつづけられる環境づくりに力を入れるのも、そういった理由からです。
だから、取引するクライアントも選ぶし、一緒に走っていく仲間も厳選します。
自分の潜在能力を最大限引き出せる仲間と仕事がしたいですからね。それも楽しく。

ITという世界は、不便だった日常をシステムを通じて便利なものに変えていけます。
それで人々を幸せにしていきたいとか、そんな立派なことは考えられていませんが
さらに便利になることで、また新しい未来に繋げられる仕事であることは間違いありません。

僕がそんなITの世界と出会ったのは、就職活動のとき。

誰よりも一番早く成長できそうな会社選びをして、この世界にたどり着きました。
就活をスタートして、仕事って何だろうと考えていると思います。
明確な答えは見つからないかもしれません。僕も同じことを考えたことがあります。
でも、仕事ってそんなものだと思います。明確な理由なんてあるはずがありません。
けれど、しなくちゃダメなもの。なので、どうせやるなら楽しむべきだと僕は結論づけました。
だから鈴木商店を、仲間同士、毎日のように刺激しあえる環境で、
楽しく成長していける企業にしてきたつもりです。

技術力をフルに活かして、みんなで知恵を出し合って、困難を乗り越えて、
大企業にはできないような凄いシステムを小さなITベンチャー企業が作っていく。

それが僕たちのモチベーションです。
そんな僕たちと一緒に、世の中とあなたの未来をつくっていきませんか。

代表取締役 鈴木史郎

先輩スタッフの声

  • Designer and Front-End Engineer Tetsu
  • Main Engineer Shirayan
  • Lead Engineer Kathy
  • Engineer KG
  • Engineer Shiba-Nyan

これが私の仕事

みんなの技術の結集を、
クリエイティブで可視化しています。

主に担当しているのが、かっこいいクリエイティブなインターフェイスデザインや動的視覚効果などを作り込んでいくWebデザインです。昔と違って、デザイン力だけで勝負できる世界ではなくなっているので、新しいことをしようとするとシステムにも精通している必要があるんです。その点、まわりにはそんなスペシャリストがたくさんいますから、本当に勉強になります。また、鈴木商店ならではの優れたシステムは、常に最新技術を駆使しているので、その見えない部分を可視化して付加価値にしていくのが僕の仕事だと思っています。

だからこの仕事が好き

「コンペに勝てるのは、テツのおかげ」
その社長の言葉に涙

僕たちが手がけることが決定した案件はもちろん、他の競合企業とのコンペ用デモンストレーションであっても、常に違う技術アプローチを持ち込むようにしています。だから、デモ画面もかなりの精度で仕上げているので、インパクトがあります。正直言うと、自分の仕事を楽しむために、新しい技術を使ってみようと思っているだけだったんです。そんな仕事のやり方を、社長やみんなが喜んでくれて、そして会社にも貢献できるなんて最高です。鈴木社長から「コンペに勝てるのは、テツのおかげ」という言葉が聞けたとき、本気で泣きそうになりました。

ズバリ!
この会社を選んだ理由

クリエイターとしてもっと成長するために
最高の環境だと思った

主に担当しているのが、かっこいいクリエイティブなインターフェイスデザインや動的視覚効果などを作り込んでいくWebデザインです。昔と違って、デザイン力だけで勝負できる世界ではなくなっているので、新しいことをしようとするとシステムにも精通している必要があるんです。その点、まわりにはそんなスペシャリストがたくさんいますから、本当に勉強になります。また、鈴木商店ならではの優れたシステムは、常に最新技術を駆使しているので、その見えない部分を可視化して付加価値にしていくのが僕の仕事だと思っています。

これまでのキャリア

ミュージシャン

映像編集スタッフ

Webデザイナー

現職のWebデザイナー&
フロントエンドエンジニア

これが私の仕事

会社に決められるのではなく、自分たちで
進む方向を決めて開発してます

文字通り、メインエンジニアとしてシステムを手がけています。大手にも在籍していた経験があるのでわかりますが、ものづくりには最適な人数が鈴木商店くらいの規模だと思っています。メインの役割どころは分けられていても、技術の方向性などをみんなで決めていけるのは、この規模ならでは。技術調査(システムを手がけていくにあたって、どんな技術仕様にするのか、調べて決めていくこと。大手では専門の部署があることもあります)も自分たちでやれるので、ワクワクしてものづくりに携われるんです。

だからこの仕事が好き

過去は振り返らず常に新しい挑戦がしたい。
そんな仲間たちと成長できるから

ITエンジニアは、効率化のために技術流用(過去にうまくいったシステムの作り方)をするとか、効率をあげるために、特定の技術を使いなさいということでは成長できないと思っています。何よりも、そんなやり方だとおもしろくありません。でも、鈴木商店は、エンジニアがいいと思えば、自由にそのやり方を尊重してくれます。社長自身がエンジニアだということも大きいのでしょうが、常に新しい技術で成長していきたいですしね。それにシステムは使って成長させるという考え方も社長と同じなんです。目線を同じにして、そして一緒にものづくりができるのが、うれしいですね。

ズバリ!
この会社を選んだ理由

朝からサーフィンして、昼から開発に没頭する。
そんな柔軟な考え方が好き

大手や他のITベンチャーも経験してきて思うことは、組織が大きくなればなるほど、ルールを作っていかなければならないということなんです。統制がとれないとかではなく、管理がしにくいからだとは思いますが、エンジニアって自由な考え方や柔軟な発想って大切だと思うんです。だから、エンジニアがモノづくりに没頭できる環境を、常にいい状態にしていこうという社長の考え方にとても共感しました。徳島の古民家を使ったサテライトオフィス(現在の美雲屋)という発想もおもしろかったですし。朝からサーフィンして、昼から開発に没頭 すればいいという柔軟な考え方は、モノづくりにはとても大事だと僕は思っているんです。思わず、前職の友人もこの会社に誘ったほどですから。

これまでのキャリア

組込系エンジニア

Web系エンジニア

フリーのエンジニア

現職のエンジニア

これが私の仕事

お客様の声を
ダイレクトに聞きながら手がける喜び

リーダーのエンジニアという立場で、お客様の声をダイレクトに聞きながらシステムづくりを手がけています。実はWeb系の仕事にずっと憧れを持っていました。いつか自分にもできるチャンスはないかと淡い希望を抱いていたにも関わらず、制御系エンジニアとして技術を磨いてきました。技術的に劣っているということは一切ありませんでしたから、ものづくりに没頭していたことは確か。でも、どこかモヤモヤした気持ちのまま続けていたように思います。今は、そんなモヤモヤはありません。目指していた分野で、しかも刺激ある仲間たちと毎日のようにものづくりをしていますから、充実していますよ。

だからこの仕事が好き

お客様の声と想いを込めたシステムだから、
緊急事態も乗り越えられる

以前は大きな組織の中で、1週間の間、すべて何をすべきか完全に管理されていました。例えば、火曜日の10時には会議、水曜日の13時からは、◯◯の開発をする…という具合に。それがここに入社してからは、突然のハプニングに四苦八苦している自分がいるんです。突然の不具合、しかも数時間内に解消しなければならないという事態。その時に思いました。どうしてここまで必死に動けるんだろうって。それは、しっかりとお客様の声を聞いているからなんです。出納関連のシステムが動かなくなって、銀行との取引の関係で、修復まで3時間の猶予しかなかいことが、どれだけお客様にとって緊急事態なのかわからなかったと思います。きっと、明日までかかりますと言っていたかもしれません。どのようにお客様の事業が動いていて、必死でビジネスをされているかを知っていると、何とかしなきゃと思えるんです。
まぁその時はどうなるかと思いましたが、何とかリミット内に対応できて、一皮むけたような気がしてます。

ズバリ!
この会社を選んだ理由

カラダが震えるほど嬉しかった、
前職の先輩、白石さんからの誘いの言葉

正月に大阪に帰省したとき、転職した先輩たちと集まって食事をすることになって。その中に鈴木商店のメインエンジニアの白石(しらやん)さんもいて、僕を見るなり「大丈夫か?死にそうな顔してるぞ!」って声をかけてもらったんです。激務で疲弊していたわけではないんですが、Web系の仕事がしたいというモヤモヤなどが鬱積していたんだと思います。お酒の勢いも借りて、思い切って仕事の悩みを白石さんに打ち明けてみたんですよ。その時に白石さんが「任せられる範囲も広いし、お客様との折衝もある。だからおもしろい仕事ができて充実できるから、そろそろWeb系に転身してみたらどう?」って僕を誘ってくれたんです。カラダが震えました。うれしすぎて。これまでの自負も何もかも捨てて、ここにやってきたんです。

これまでのキャリア

制御系エンジニア

現職のエンジニア

これが私の仕事

開発だけでなく様々なシーンに携われ、
やり甲斐とスキルアップの両方を実感

ハイパーな先輩たちのアシストをしながら、少しずつ自分で考えたシステムづくりを担当させてもらっています。全くの未経験からのスタートだったんですが、最初は社長が付きっきりで教えてくださったので、迷うことなく続けることができました。ここで学ばせてもらったことは、技術的なことだけでなく、いろんなシーンに携われることが魅力です。お客様との打ち合わせはもちろん、いろんな機会やチャンスを与えてもらえることがが多いので、やりがいとスキルアップの両方が実感できます。 日頃から社内行事なども盛んで、みんな仲がいいからだと思うんですが、何でも相談でき、いつでもアドバイスしてもらえる関係性があるから、僕のような未経験者も成長できるんだと思います。

だからこの仕事が好き

前職で鍛えられた強靭な精神力を
買われた以上、それに応え続けていきたい

前職ではコールセンターに勤務していたので、3年に亘ってかなり強靭な精神力が養われていたと思います。クレーム対応してきた数も半端なかったと思います。その耐性を買われて、全く経験がなくても育てようと社長は考えてくれたようです。だから僕の場合は、いきなり難易度の高いところから、逃げられないような厳しい教育を実践しているようで、社長曰く「スキーで初心者を山頂に連れて行って、いきなり滑れ!っていうような教育方法だ」 そうです。けれど、不思議と一度も厳しいと思ったことがありません。それくらいでないと成長できないと思っているからだなのかもしれません。1日でも早く納得できるくらいのスキルを身につけて、もう一人前って言ってもいいかなって、自分自身が思えるくらい早く成長したいですね。

ズバリ!
この会社を選んだ理由

写真を見ているだけでも、
みんなが楽しそうに見えた

手に職系の仕事は未経験の募集が少なく、まだ若いから何とかなると楽観視していたんですが、予想以上に苦戦しました。中途採用はあくまでも即戦力がベース。だから当時は、応募すらできない状況だったんです(新卒採用はそんなことありませんからね)。 そんなとき、某求人サイトで未経験者を募集している鈴木商店の求人を見つけたんです。写真を見ているだけで、働いている人たちがとても楽しそうに思えたんです。システムのことなんて何も知らなかったけれど、ITの世界で手に職をつけられるのなら、一生涯成長し続けられるんじゃないかと持ったんです。エンジニアという響きにも憧れましたけれど。

これまでのキャリア

コールセンター受付

現職のエンジニア

これが私の仕事

技術だけでなく、
新人なのに仲間の採用にまで関わってます

すでに立ち上がっているお客様のシステムの運用をメインに、プログラムの勉強をしています。まだ入社して間もないので、開発に加わるというところまでスキルはありませんが、プログラムを書くだけではなく、人材採用のプロジェクトなど様々なことに携わらせてもらっています。教育に関しても、座学で時間を費やすのではなく、ひとまず自分自身で考えて、行動してみる。そこで間違っていたり、わからなかったりしたときに、先輩や社長を捕まえて教えてもらうというスタイルです。実は人とコミュニケーションを取ることは得意だとは思っているんですが、自分自身の意見をしっかり言うということに慣れていないので、その弱点を克服しつつ、エンジニアとしてのスキルを磨いていこうと思っています。

だからこの仕事が好き

入社前の資格取得で入社して
いきなり走れる体力づくりができる

4年生の12月から、入社前研修としてアルバイト勤務する機会があります。このときに、会社負担で資格を取得させてもらえて、僕はWEBクリエイター能力認定試験(初級)と、PHP技術者認定試験(初級)を取得させてもらいました。4月1日がスタートではなく、少しでも助走をして4月から走れる体力づくりをするというのが、鈴木商店流の新人教育です。だから、入社前から「どうすればよいか」「何をすればよいか」という考える習慣が身につきます。突発的に何かを任されたりするのも、その対処をどうするのか試しながら、鍛えてもらっているのだと思います。僕の場合、入社初日にクライアントに連れていかれ、いきなり名刺交換をすることになりました。何も教えられていないので、かなり戸惑いましたが、少しは度胸がついたかもしれません。

ズバリ!
この会社を選んだ理由

社内見学のときの、
ラフで自由なエンジニアの姿にしびれた

僕はIT企業だけを選んで就活をしました。それも中小企業ばかりを。もともとは文系出身にはなれない仕事だと思っていたんです。けれど、文理問わず経験を積むことで手に職にしていける職業だと知って、IT業界一本に絞って活動をしていきました。けれど結果は惨敗。エンジニアを諦めて、営業希望としてIT業界を受け始めたときに、社長の史郎さんと出会いました。そのときに、本当はエンジニアを志望していることを話して、その夢に向かって突き進むべきだとアドバイスしていただいたんです。それがきっかけで、説明会に足を運び、社内を見学させてもらったとき、ラフな服装にヘッドフォンをしながら仕事する鈴木商店の自由なスタイルに感銘を受けたんです。型にはまることなく、自由に黙々とものづくりに励む姿に憧れて、絶対ここに受かってやると心に誓い、その想いが叶ったというわけです。

これまでのキャリア

ダンスに夢中の大学生

エンジニアの卵

募集要項

Click

職種

技術開発総合職(システムエンジニア、プログラマー、
Webデザイナー、ITコンサルタント)

勤務地

●本社(大阪市北区西天満1-7-4 協和中之島ビル3F)
●徳島クラウドオフィス【美雲屋】(徳島県海部郡美波町恵比須浜210)

※基本的に本社勤務になりますが、希望や気分により美雲屋での勤務も可能です。

勤務時間

10:00~19:00(実働8h)

給与

2015年4月初任給実績(基本給)
大卒:年俸制288万円

※上記金額を12分割で支給していきます

諸手当

通勤交通費全額支給
残業手当、役職手当、資格手当、皆勤手当(月1万円)

昇給

年1回(10月)

賞与

業績により決算賞与あり

休日休暇

完全週休2日制(土・日)
祝日、有給、夏季、年末年始、慶弔

保険

各種社会保険完備
(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

その他待遇 年末調整、資格取得支援制度、遅刻言い訳制度

※社内掲示板にて言い訳を記載し、社員の過半数いいね!が得られると帳消しになります。

少しでも興味を持ったら
エントリー!