セキュリティ

HOME > セキュリティ

お客様の資産を守る。エンドユーザー様の権利を守る。

鈴木商店のセキュリティ

システムで扱う情報は、お客様の大切な資産であると同時に、エンドユーザー様の個人情報とプライバシーに関わるものです。お客様の資産とエンドユーザー様の権利をより安全に守るため、当社では「プライバシーマーク」「ISMS(ISO27001)認証※大阪北浜本社」を取得しております。

安全第一。それは心地良さの第一歩です。

安全第一。それは心地良さの第一歩です。

Web、Mail、DNS……広く普及している技術ほど狙われやすいものです。
インターネットはいつも危険と隣り合わせ。

だから、私たちは安全性にこだわります。

心地良いシステムは、安全第一で皆様のお役に立ちたいと考えています。

Webシステムだからこそ、多重のセキュリティを。

Webシステムだからこそ、多重のセキュリティを。

万が一、セキュリティを突破されたとしても、さらに厳重なセキュリティがあったとしたら……。

インターネット上のシステムは、いつも誰かに狙われています。だから、セキュリティチェックはいつも万全でなければなりません。

すべてはお客様、そしてエンドユーザー様のため多重のセキュリティは、心地良いシステムに欠かせません。

「安全性」と「利便性」のバランス

「安全性」と「利便性」のバランス

「安全性」と「利便性」は反比例の関係にあります。

例えば、ページが切り替わる度にパスワードを打ち込めば安全ではありますが、あまりにも煩雑なセキュリティチェックは、使いやすさを損ないます。心地良いシステムは、バランスが命。

私たちには、適切なセキュリティを備えるための「技術」と「経験」と「バランス感覚」があります。

ファイスセーフで心地よいシステムを。

万が一、ミスやエラーが発生しても致命傷を負わなければ問題は解決できます。

そのような考え方に基づいた設計手法を「フェイルセーフ」と言います。
快適で心地良いシステムをご提供するため、私たちは「フェイルセーフ」コンセプトを大切にしています。

※プライバシーマーク
(JIS Q 15001)
組織が扱う個人情報の使用目的を明確にし、個人情報を提供する主体の権利を適切に保護することを目的としています。
※ISMS(ISO27001) 個別の問題ごとに対する技術対策の他、組織として自らのリスクを評価することにより、必要なセキュリティレベルを定めます。また、自ら定めたレベルに応じてプランを作成し、資産配分してシステムを運用することを目的にしています。
※個人情報とは 氏名・生年月日・その他、特定の個人を識別できるもの。また、個人に関する情報を容易に参照することができ、それによって特定の個人を識別できるもの。
※プライバシーとは 個人や家庭内の私事・私生活・個人の秘密に関するもの。
それらを他人からの干渉・侵害を受けない権利(小学館「大辞林」より)
また、自己の情報をコントロールできる権利も含む。

このぺージの先頭へ戻る